生活が苦しい40代の新型貧困の原因と対処法

40代でも生活が苦しい…

・働いてるけど貯金が全然できない
・いつも家計が苦しい状態
・子供が大きくなると教育費がかかってくる
・でも動やったら改善するの?
と、お悩みではないですか?

たしかに40代ともなってくると、20代30代のこととは状況が違ってきて、家のローンとか子供の教育費とかにお金がかかってきますよね。

そして、それにプラスして老後のための貯蓄に関しても、そろそろちゃんと向き合わないといけない時期だし…

知っていますか?

老後のための費用ですが、いろいろな人がいろいろなことを言っていますが、一般的には一人あたり3000万円くらいと言われています。

夫婦二人だと、単純計算で6000万円必要ですね。

こういった感じで、40代になっても生活が豊かにならず、逆に生活が苦しい人達も多いのが現実ですね。

メディアでは、こういった形の貧困、40代でも貯金ができずに貧しいままの人たちを「新型貧困」とよんでいるようですね。

40代になると一気に厳しくなる、と言われていますが、逆に40代だったらまだ希望はある、と私は見ています。

なので、今回は、40代における新型貧困の原因とその対処法について紹介していきますね。

40代でも生活が苦しい!貯金ができないようであればそれは「新型貧困」

40代で貯金がなく、毎月ギリギリの生活をしている人のことを「新型貧困」と呼ぶらしいです。

最近増えているみたいですね。

これから老後を迎えるにあたり、なるべくい早く手を打たなければ、ますます貧しくなっていく現実が待っている、とのこと。

そこで、「新型貧困」の原因を調べてみたところ、主に6つの原因がある事がわかりました。

・給料カット
・リストラ、転職に失敗した
・病気やケガで収入がない
・生活費がかさんでいる
・介護で思った以上のお金と時間を使っている
・鬱などの心の病気

それぞれわかりやすく説明して、対策方法も紹介していきますね。

1 給料カット

40代になって会社の方から戦力外通告を受けて、給料が大幅にカットされた、とか、会社が規模縮小してその結果給料が見直しされたなど、色々と理由はあると思います。

ですが、40代になって給料カットとなると、なかなか厳しいですよね。

いままで払っていた住宅ローンや子供の養育費などが厳しくなってくるんですよね…。

いや、実際には、払えるけどどこかにそのツケを回さなければならない。となってくると、そのツケは大抵の場合において「老後のための貯蓄」に回ってきます。

ようするに問題を解決しないで、先延ばしにするんですよ!

実は以前の私もそうでした。

あまり計画を建てずに生活をしていたものだから、貯金が全然できない、これは駄目だと思って、今では、本業以外にも副業で月収20万円以上を稼いでいます。

とりあえず、老後のための貯蓄に関しては、このまま行けば大丈夫かな、という感じですが…お金がないこととちゃんと向き合わないで「なんとかなるさ」と楽観的に考えていると、後で痛い目にあいますよ。

私が副業を始めたのが39歳のときです。で、3年経って月収20万円ほどに成長させることができたので、40代であればまだ間に合うんじゃないかな?というのが私の感想です。

収入の柱が会社だけ!だと、どうしてもその柱が弱くなって、先程も書いたように「給料カット」となってしまった場合、にっちもさっちも行かなくなります。

なので、転ばぬ先の杖!40代ならまだ間に合いますので、給料カットされても大丈夫なように、収入の柱を増やして見る事も考えてみてください。

対処法:収入の柱を増やす

2 リストラ・転職に失敗した

先ほど紹介した「給料カット」の上位互換ですね。

給料カットであれば、まだ給料はもらえるから良いのですが、リストラとか転職なんて0スタートですので、更に大変です。

たしかにリストラされて、転職で一発逆転なんて話もたまに聞きますが、それは一部の人間に限った話なんです。

多数の人間はそうはいかないのが現実…なんです。

終身雇用が見直されてる今、40代でリストラとか再就職なんて、これから当たり前の時代になってくるのかもしれませんね。

多くの人たちは、リストラされて転職をする時に、現状維持なら良し、多少収入が下がったとしてもいいかな?と、妥協して選んでいますね。

その妥協が命取り…

妥協して転職先を選んだ結果、生活が苦しくなってしまうことがほとんどです。

こうならないためにも自己防衛のために、やはり私は副業することをおすすめしますよ~。

収入源が一つだけだと、どうしてもそれだけに頼ってしまいがちですので、何かあった時に頼りないですよね。

収入の柱は複数持ちましょう!

対処法:収入の柱を増やす

3 病気やケガで収入がない

病気やケガが理由で会社を退職したので収入がない…

先程の「給料カット」とか「リストラ・転職」なんかは会社の都合なんですけど、病気やケガといったことは自分の問題なんです。

とはいっても、自分がやりたくて病気やケガをしてるのではないことは、わかります。

できれば健康でいて仕事を続けたいですよね。

ですがやはり、40代で病気や怪我になってしまうと、たとえ治ったとしても再就職はむずかしいのが現実、ですよね。

病気やケガで療養している間は、貯金もどんどん減ってきてしまいますし…生活費も圧迫してしまいます。

このままほうっておくと、貧困まっしぐら!これは早急になんとかしなければならない問題ですね。

最近では、在宅ビジネスで稼いでいる人も多いので、そういった方向でネットで検索してみて、自分ができる範囲のものからやってみてはいかがでしょうか?

対処法:在宅で出来る仕事を探して家計への負担を減らす

4 生活費がかさんでいる

子供が大きくなるにつれて、塾に通うようになったり、大学に行きたいと言ったら大学にもいかせたいし…

それに加えて、「住宅ローン」や「車のローン」もあるし、親の介護費もかかってきたなあ…なんてのが40代あるあるですよね。

これに関しては、もう一度見直してみることをおすすめします。

・家のローンは毎月どのくらいか?
・子供の養育費はこれからどうなるの?
・老後に必要な金額と今の貯金額の差は?
・親の介護にこれからいくらかかるの?
・生活費はどこか削れるとこはあるの?

などなどを一旦上に書き出して視覚化してみましょう。

こうすることによって、問題が浮き彫りになりますので、それぞれに対する解決策も見つけやすいと思います。

なので、漠然と「毎月なんだかギリギリだなぁ」と思って不安になるのではなく、その問題を一度しっかりと浮き彫りにする事が大事。

問題を問題と認識することで、問題意識が芽生えますので、それに対する解決先まで考えうことができます。

これは逆に先程も紹介したように漠然と「毎月ギリギリだなぁ」と考えているのでは、何の成果も出ませんので、一度しっかりと問題を浮き彫りにしてみましょう。

問題は解決の一歩前なんですよ!

対処法:漠然と考えないで、問題を浮き彫りにする

5 介護で思った以上のお金と時間を使っている

これはある程度仕方のない出費ですね。

ですが、ちゃんと見直せば、節約できたりすることもあります。

介護に関しては、私は詳しくないのであまりアドバイスはできませんが、ネットで調べてみると色々と出てきますので、ネットを活用して無駄をどんどん省いていきましょう。

対処法:ネットなどで多くの情報に触れて選択肢を増やす

6 うつなどの心の病気

うつなどの心の病気が理由で会社を退職してしまい、その結果、貯金がどんどん減っていって生活費がなくなり、生活が苦しくなってしまうこともあります。

この場合、うつに対して家族にちゃんと理解を持ってもらうことがとても大事。

うつは病気であってニートではないですからね。

そのへんのことをちゃんと家族に理解してもらいましょう。

とはいえ、うつだから何もできない、わけではないと思います。うつにも段階があるので一概には言えませんが…

調子のいいときであれば出来るようなクラウドワークス的な何かを探しておくといいですね。

対処法:家屋の理解を得て、調子のいい時は出来る仕事を探しておく

まとめ

いかがでしたか?

40代になてくると、生活費だけでなく、住宅ローンや子供の養育費、老後のための貯金など、イロイロと考えなければならない時期になってきていると思います。

そういった波をうまく乗り切るためにも、副業を一つ身につけて収入の柱を増やしておくことは、自分にとっても家族にとっても大事だと思いますので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする