お金がないと生きていけない!生活が不安定な時に本当に必要なこと

お金がないと生きていけない…

・お金がないので生活が不安定
・借金はしたくない
・誰かの世話にもなりたくない

けど、どうしよう…、とお悩みではないですか?

たしかに、「お金がなくても幸せになれる」なんてことを言う人もたまには見かけますが、実際のところ、お金がないと生活も不安定になってしまいます。

お金がないと、明日の食料もない不安定な生活…とてもではないけど、生きた心地がしませんよね。

「お金がないと生きていけない」は本当か?

「お金がなくても生きていける」って思っていませんか?

これには正解であり、間違いであると思います。

お金がなくても生きていける…人達も確かに存在します。

例えば、マザーテレサなんかがそうですよね。

貧困から子どもたちを救うためにいろいろな人達に呼びかけて、寄付を募って生きていくのもありでしょう。

ですが、そういった人達が贅沢できるか?といえばそうではありません。

というかこの生き方は、現在の日本で生活するにはまず無理でしょう。

なぜなら働き口が大量にあるから!

なにかしたいのであれば、まずは自分で働いてお金を稼いでそのお金で好きなことをしたら!

と周りが思っていますので、「お金がないから寄付をしてくれ!」とか「お金がないから生活を援助してくれ!」くれなんて言ったとしても、誰も相手にしてくれませんよ!

なのでもう一度結論を言うと、

お金がないと生きていけないのは本当かどうか?ですが、これに関しては、正解でもあり。間違いであるとも言えるでしょう。

お金のない生き方…たしかにできなくもないですが、現実的ではない、というのが、今の日本で生活していればわかってもらえると思います。

とはいえ、現実的に今の自分にお金がないのでしたらどうすべきでしょうか?

「お金がないと生きていけない」という不安はどうしたらいいの?

お金がないと生きていけない」という不安は、誰しも一度は感じたことがあると思います。

私も若い時に、勤めていた会社の社長が逃げてしまって、その月の給料がもらえなかったり、更にその時に、寮を引き払わなければならなかったことがありましたので「お金がない」という経験はしています。

加えてその時は、「仕事もない」というダブルパンチでした…。

もう、不安でたまりませんでしたね…。

その時は一時的に友人に、その理由を話して最低限の援助(借金)してもらい、なんとか事なきを得たのですが、やはり、次の仕事、次に住むところが決まるまでは不安でたまらなかったですよね。

このときほど、友人の大切さを身にしみたことはなかったです。

お金がない…というどこから来るともわからない不安。

しかしながら、そのおかげで、住むところが決まり、次の働き先が決まり、次の給料が入ってくるまでは、お金と向き合う時間がいっぱい作れました。

そうなった時に私がやったのは「自分と向き合うこと」です。

自分、といってもこの場合は「お金がない」という不安ですね。

・この不安の原因はどこからきているのか?
・この不安はみんなに共通のものなのか?
・これからどうやって友人に借金を返していけばいいのか?
・最低限の暮らしとはどんなものか?
・ちゃんと貯金をするには?
・借金とはどんなものなのか?
・お金がなくても生きていけるのか?

などなど…普段は全く使わない頭を振り絞ってイロイロ考えましたよ!

「お金がないと生きていけない」から何かを学ぼう

今現在は、お金持ちって言うわけでもないですが、お金に困ることはありません。

それも、先ほど紹介した「お金に対する不安」を若いうちに経験したから。

といっても、若者に「お金がないから生きていけるのか?」というのを、実践してほしくてこの記事を書いているのではありませんよ。

お金がないと生きていけないのは本当か?実際に試してみよう…というのは間違いです。

自分が自ら原因を作って、それを間違いかどうか試すのは賢いやり方ではありません。

賢者は歴史に学び 愚者は経験に学ぶ

という格言があるでしょ。

私の場合はどちらかというと「愚者」のようでしたので、若い時に苦い経験から学びました、が、今の若者は、経験から学ぶ必要は全くありません。

私のように、過去にお金がなくて生きていけないような生活をしてきた人達が、2018年においてはネット上にいっぱいメッセージを残してありますので、自ら経験する必要はありませんので、そこから学んでくださいね。

「お金がないと生きていけない」に対する私の答え

最後に「お金がないと生きていけないのか?」に対する、私なりの答えを書いていこうと思います。

お金は、生活を支える基盤です。

お金がないと、生活できないわけではありませんが、イロイロと不便ですよね。

例えば、自給自足で山の中で暮らして、

・最低限の生活をして
・食べ物は自給自足

・お風呂は気が向いた時
・雨が降ったら何もしない

という生き方ももちろんありですが、実際のところ、病院に行けなかったり、買い物ができなかったり、その結果、街に住んでいる人とコミュニケーションが取れなくなってしまうことも考えられます。

まさに、世捨て人のような生活・・・。

もちろん、こういった生き方もありなので否定はしません。

ですが、そういったことをやるために生きているわけではない人のほうが大半を占めていると思います。

・旅行がしたい
・美味しいものを食べたい
・スポーツに参加したい
・子供をしっかり育てたい
・出世したい

などなど…いろいろな人がいろいろな目的を持って生きています。

ほら、やりたいことってあるでしょ!

どちらかといえば、「世捨て人になりたい」というのは、こういったイロイロな目的の中のほんの一つではないでしょうか?

あなたが、世捨て人になりたいのであれば、それは構わないのですが、他に色々とやり残したことがあれば、別です。

イロイロなやりたいことのためにお金と向き合い、お金を稼いで自分の目的を達成していきましょう。

そのためにお金は存在するのかもしれませんね。

なので、「お金がないと生きていけない…生活が不安」などと考えているなら、さっさとお金を稼いで不安定な生活から脱却して、それから目標を達成してくださいね。

まとめ 本当に必要なことは心のケア

イロイロと書いていきましたが、やはり「お金がないと生きていけない」と思うほど生活が不安定になっているのであれば、やはりその不安を解決するのが一番だと思います。

心が不安定なままだと、判断力も鈍りますので、その結果、更に生活が悪化してしまう可能性も…。

なので、まずは心のケアを優先に考えましょう。

お金がないので不安なら、友人や消費者金融などで一時的に借金をするのもいいですね。

とりあえず手元に最低限のお金があることで不安が消えますので、そこから色々と「自分が何ができるのか?」考えてみてください。

「お金がないと生きていけない」と思うほど生活が不安定になっているのであれば、不安を解消することが一番。

不安には一旦消えてもらって、そこから自分ありの判断で未来を再建築していきましょう!

借金は決して「悪」じゃないですよ!本当に悪なのは、心を蝕む「不安」なのです。

なので、もう一度いいますが、心の不安を消して、明確な判断力を取り戻してからもう一度お金と向き合ってくださいね。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする